News

2017.3.24

カップ・オブ・エクセレンス新豆のご案内

コーヒーのある風景

カップ・オブ・エクセレンス2016 グァテマラ「ベラ・エリザベス」を3月25日(土)より発売いたします。

 

今回御案内するグァテマラ「ベラ・エリザベス農園」は 3世代にわたりコーヒー農園を営んでいる家族経営の農園です。
農園名の「エリザベス」は愛娘の名前をつけるほど家族愛にあふれた農園主でコーヒーに対しても献身的に生産に取り組んでいます。

 

coe.gu102016.coe.gu.4

 

ー農園情報ー

国名: グァテマラ

地域:ウエウエテナンゴ県 サン ペドロ ネクタ市

生産者:エルウィン エレーラ

農園名:ベラ・エリザベス

品種:カトゥーラ, ティピカ,ムンドノーボ,ブルボン

生産処理:水洗式

スイートチョコ・キャラメル・ブラウンシュガーを想わせる甘く深い味わいと赤りんごを想わせるような風味特性です。

是非、ご賞味下さい。

2017.2.23

2017年 中米出張レポート/コスタリカ偏 Vol.2

コーヒーのある風景

タラス地区はサンホセから南に車で3時間位、標高1500m~2100mの高地に位置します。

 

1件目 ラピラ農園

DSC_0082IMG_0469


 

Coe入賞農園。
こちらは35周年を迎える農園で、常に新しい技術を取り入れ、その情報を周辺農園に教えているそうです。Fully washed や Honeyを作っている。

 

IMG_0459IMG_0457

 

発酵槽に貯める水の温度は低い方が良いとの考えから、発酵槽に貯める水を冷やすためにわざとトタンの屋根に水を流して風を利用して水を冷やしています。

フィンカ バラ ブランコ 標高1840m
白い 木という名前の農園。

 

DSC_0250DSC_0259


 

標高も高いし熟度も良く素晴らしい農園。

 

DSC_0277DSC_0275

 

カトゥーラ  カトゥアイ  ゲイシャ などを植えています。最近の気候変動で時期外れのはなが咲いていました。
花の香りは、ジャスミン系の爽やかで少し柑橘系を感じさせられる香りでした。

 

2件目(モンテコペ)を回って来ました。

DSC_0398DSC_0427

 

農園主の息子のエンリケ ナバセJrは、常に新しい技術を取り入れ、品質向上に意欲を出している生産者です。標高は
1840mです。

 

DSC_0421DSC_0409DSC_0433DSC_0443

 

Fully washedの一般的なやり方は、チェリーを剥いでから発酵槽に入れ、その後デシムシラージの工程をへて乾燥させますが、ここでは、チェリーを剥いでからすぐにデシムシラージの工程をとり、その後発酵槽に入れ処理する方法をとっています。

発酵時間は24時間。
品種は、ティピカ ディジャロ カトゥーラ カトゥアイ ブルボン ケニアSL28などです。
新しい世代が新たな取り組みを始めています。

この他にハニーやレーズンハニー3Way Washed など醗酵工程や乾燥工程に工夫を凝らし更なる高みを目指す姿勢をビシビシ感じました。

 

3件目 ラス・マルガリータス

農園主のダミアンさん。

DSC_0497DSC_0495

 

4年前からスペシャルティコーヒービジネスに参入。昨年はサンプル程度の収穫量しか取れなかったまだまだこれからの農園。

標高は2000mを超え、品種も主にゲイシャ種を植えている後発なだけにかなり攻めている生産者。チェリーをいくつか味見しましたが、今までで一番味が濃く、甘さもありかなり期待できるチェリーでした。かなりのポテンシャルを感じる農園なので注目です。

4件目 Cafe Mirazu

DSC_0717DSC_0718DSC_0737DSC_0716

 

新しいプロジェクトを始めて3年目。乾燥プロセスにこだわりを見せる生産者。ナチュラルで3日間天日乾燥後、チェリーの皮を剝ぎ、ハニープロセスにするレーズンハニーを得意とするそうです。

今回回った農園は、エスプレッソで主にフレーバーに傾注するバリスタには非常に面白い農園ばかりでした。

 

IMG_0585

 

チョイスする方がバリスタチャンピオンだからかもしれませんが・・・。

今後も目が離せないスペシャルティコーヒー生産国の一つには間違いありません。

今期のカップ・オブ・エクセレンスが楽しみです。

以上が中米出張のレポートとなります。つたない文で申し訳御座いませんが、今年トーアコーヒーが買い付けるコーヒーがどのようなコーヒーなのか少しでも伝わったのなら嬉しいです。

美味しいコーヒーを気軽にお楽しみいただきたいと考えて降ります。トーアコーヒーにご期待下さい。

2017.2.22

2017年 中米出張レポート/コスタリカ偏 Vol.1

コーヒーのある風景

中米 コスタリカは、標高の高いエリアが多く「ゲイシャ種」や斬新な処理方法でフレーバーを追求する高品質コーヒーで注目を集めています。

 

DSC_0494IMG_0522

 

数年前にはWBCでチャンピオンを輩出するほど生産だけでなく、抽出においても進んでいる国の一つです。今回アテンドして頂いたリカルドさんはWBCのチャンピオンです。

 

IMG_0277

※写真左手がリカルドさん

 

小規模から零細の農園をいくつか回ってきました。

ロドリゴ オービエロさんの農園。

DSC_0803DSC_0865

 

標高1240m 首都のサン ホセから車で50kmのウエストバレーにある農園です。ウエストバレーはCOEでも多くの入賞ロットを輩出する素晴らしいエリアです。

この生産者の兄弟がスタバで働いているらしく、10年位前から近くの農園がスタバのテスト農園となっているという話しです。サルバドルからお兄さんがゲイシャを持ち込んだとの事で、現在400本のゲイシャが植えられています。
その他にもサンド ロケ(SL28)やモカ、カトゥーラなどを植えています。

 

DSC_0831DSC_0838

 

特に驚いたのは、SL28のチェリーを食べた時に、ゲイシャのような、パパイヤやライチのような風味が果肉からしたことです。

農園の管理や良いコーヒーを育てる努力を惜しまない姿勢を感じられました。


2つ目の農園は、ボルカン アズール(青い火山)という名前の農園です。標高は1500m~1700mに位置します。

 

DSC_0985DSC_0967

 

COEに入賞している特級農園の1つです。
生産者のアレホさんは、スペシャルティコーヒーに対する情熱が半端でない1890年から代々続く農園に誇りを持っている方でした。
ゲイシャをはじめ、SL系やビラサルチ サルチモール ナチュラルデカフェなどを植えています。

 

DSC_1004DSC_0989

 

以前のCOEで、ビラサルチで85点を取った経験を持っているほど、土壌や生産方法、収穫 処理まで徹底した品質管理を行っています。

 

この農園でもっとも興味を惹かれたのは、チェリーの収穫をする労働者に支払うコストです。

 

IMG_0357IMG_0414IMG_1134IMG_1135

 

黒いボックスを持った写真がありますが、あのボックスにチェリーを一杯(5kg位)にしてアズールコイン1枚(2ドル)

計算すると lb/20ct 位賃金を払っていると行っていました。

収穫作業者にきちんと賃金を支払うことで、チェリー1粒の熟度管理だったり区画後とのトレーサビリティを担保する事が出来るといいます。