News

2017.4.14

2017カップ・オブ・エクセレンス ニカラグア 国際審査会レポート

コーヒーのある風景

2017年 最初のカップ・オブ・エクセレンス ニカラグア国際審査会に召集され参加して来ました。

首都マナグアから車で4時間程のニカラグァ北部の県、ヌエバ セゴビアの県都オコタルというホンジュラスとの国境に近い街で開催されました。

 

DSC_0166DSC_0175DSC_0130DSC_0159

 

気温は日中は36度位、夜は冷房無しで寝れる位の25度位です。湿度はかなり低く、乾燥しています。お陰で洗濯物がすぐ乾きました。

第1日目は、カリブレーションを行い、味覚の尺度をあわせる訓練を行います。

 

 

image9image10

 

ヘッドジャッジのポールソンガーさんがプレゼンし、カッピングの指導があります。

最近の攻めたプロセッシングに対応するためか、処理方法の違いとその特徴を説明し、実際にテストカッピングで味をみたり、ケミカルを使用し、ナチュラルの酸、シトリックな酸、マリックな酸等をつくりテイスティングしました。

処理方法と酸の質は今後益々必要となるスキルの一つです。

 

 

IMG_1226 IMG_1230

 

ウェルカムセレモニーが行われ、いよいよカップオブエクセレンス国際審査会の始まりです。

 

 

 

2017.3.24

カップ・オブ・エクセレンス新豆のご案内

コーヒーのある風景

カップ・オブ・エクセレンス2016 グァテマラ「ベラ・エリザベス」を3月25日(土)より発売いたします。

 

今回御案内するグァテマラ「ベラ・エリザベス農園」は 3世代にわたりコーヒー農園を営んでいる家族経営の農園です。
農園名の「エリザベス」は愛娘の名前をつけるほど家族愛にあふれた農園主でコーヒーに対しても献身的に生産に取り組んでいます。

 

coe.gu102016.coe.gu.4

 

ー農園情報ー

国名: グァテマラ

地域:ウエウエテナンゴ県 サン ペドロ ネクタ市

生産者:エルウィン エレーラ

農園名:ベラ・エリザベス

品種:カトゥーラ, ティピカ,ムンドノーボ,ブルボン

生産処理:水洗式

スイートチョコ・キャラメル・ブラウンシュガーを想わせる甘く深い味わいと赤りんごを想わせるような風味特性です。

是非、ご賞味下さい。

2017.2.23

2017年 中米出張レポート/コスタリカ偏 Vol.2

コーヒーのある風景

タラス地区はサンホセから南に車で3時間位、標高1500m~2100mの高地に位置します。

 

1件目 ラピラ農園

DSC_0082IMG_0469


 

Coe入賞農園。
こちらは35周年を迎える農園で、常に新しい技術を取り入れ、その情報を周辺農園に教えているそうです。Fully washed や Honeyを作っている。

 

IMG_0459IMG_0457

 

発酵槽に貯める水の温度は低い方が良いとの考えから、発酵槽に貯める水を冷やすためにわざとトタンの屋根に水を流して風を利用して水を冷やしています。

フィンカ バラ ブランコ 標高1840m
白い 木という名前の農園。

 

DSC_0250DSC_0259


 

標高も高いし熟度も良く素晴らしい農園。

 

DSC_0277DSC_0275

 

カトゥーラ  カトゥアイ  ゲイシャ などを植えています。最近の気候変動で時期外れのはなが咲いていました。
花の香りは、ジャスミン系の爽やかで少し柑橘系を感じさせられる香りでした。

 

2件目(モンテコペ)を回って来ました。

DSC_0398DSC_0427

 

農園主の息子のエンリケ ナバセJrは、常に新しい技術を取り入れ、品質向上に意欲を出している生産者です。標高は
1840mです。

 

DSC_0421DSC_0409DSC_0433DSC_0443

 

Fully washedの一般的なやり方は、チェリーを剥いでから発酵槽に入れ、その後デシムシラージの工程をへて乾燥させますが、ここでは、チェリーを剥いでからすぐにデシムシラージの工程をとり、その後発酵槽に入れ処理する方法をとっています。

発酵時間は24時間。
品種は、ティピカ ディジャロ カトゥーラ カトゥアイ ブルボン ケニアSL28などです。
新しい世代が新たな取り組みを始めています。

この他にハニーやレーズンハニー3Way Washed など醗酵工程や乾燥工程に工夫を凝らし更なる高みを目指す姿勢をビシビシ感じました。

 

3件目 ラス・マルガリータス

農園主のダミアンさん。

DSC_0497DSC_0495

 

4年前からスペシャルティコーヒービジネスに参入。昨年はサンプル程度の収穫量しか取れなかったまだまだこれからの農園。

標高は2000mを超え、品種も主にゲイシャ種を植えている後発なだけにかなり攻めている生産者。チェリーをいくつか味見しましたが、今までで一番味が濃く、甘さもありかなり期待できるチェリーでした。かなりのポテンシャルを感じる農園なので注目です。

4件目 Cafe Mirazu

DSC_0717DSC_0718DSC_0737DSC_0716

 

新しいプロジェクトを始めて3年目。乾燥プロセスにこだわりを見せる生産者。ナチュラルで3日間天日乾燥後、チェリーの皮を剝ぎ、ハニープロセスにするレーズンハニーを得意とするそうです。

今回回った農園は、エスプレッソで主にフレーバーに傾注するバリスタには非常に面白い農園ばかりでした。

 

IMG_0585

 

チョイスする方がバリスタチャンピオンだからかもしれませんが・・・。

今後も目が離せないスペシャルティコーヒー生産国の一つには間違いありません。

今期のカップ・オブ・エクセレンスが楽しみです。

以上が中米出張のレポートとなります。つたない文で申し訳御座いませんが、今年トーアコーヒーが買い付けるコーヒーがどのようなコーヒーなのか少しでも伝わったのなら嬉しいです。

美味しいコーヒーを気軽にお楽しみいただきたいと考えて降ります。トーアコーヒーにご期待下さい。