News

2017.4.14

2017カップ・オブ・エクセレンス ニカラグア 国際審査会レポートVol.2

コーヒーのある風景

今回カップオブエクセレンスのセレクションに出品した総数は、246ロット。国内審査会1次審査で83ロット、2次審査で36ロットまで絞られ国際審査会へ上がって来ました。

 

IMG_1337IMG_1726

 

コンペティション第1ラウンドは1テーブル9ロットの4セッション 計36ロットを審査しました。

 

IMG_1683IMG_1620

 

Natural や Honey などかなりキャラクターのあるコーヒーも混じっていました。

余りに攻めすぎてドライの時にパルプ臭がしたり、もはやフェノールというロットもありました。
当然、ディフェクトされました。
個人的にはニカラグアは綺麗な酸が出てるwashedが1番良いと思いました。

国際審査会の1次審査で27ロットに絞られました。

2017.4.14

2017カップ・オブ・エクセレンス ニカラグア 国際審査会レポート

コーヒーのある風景

2017年 最初のカップ・オブ・エクセレンス ニカラグア国際審査会に召集され参加して来ました。

首都マナグアから車で4時間程のニカラグァ北部の県、ヌエバ セゴビアの県都オコタルというホンジュラスとの国境に近い街で開催されました。

 

DSC_0166DSC_0175DSC_0130DSC_0159

 

気温は日中は36度位、夜は冷房無しで寝れる位の25度位です。湿度はかなり低く、乾燥しています。お陰で洗濯物がすぐ乾きました。

第1日目は、カリブレーションを行い、味覚の尺度をあわせる訓練を行います。

 

 

image9image10

 

ヘッドジャッジのポールソンガーさんがプレゼンし、カッピングの指導があります。

最近の攻めたプロセッシングに対応するためか、処理方法の違いとその特徴を説明し、実際にテストカッピングで味をみたり、ケミカルを使用し、ナチュラルの酸、シトリックな酸、マリックな酸等をつくりテイスティングしました。

処理方法と酸の質は今後益々必要となるスキルの一つです。

 

 

IMG_1226 IMG_1230

 

ウェルカムセレモニーが行われ、いよいよカップオブエクセレンス国際審査会の始まりです。

 

 

 

2017.3.24

カップ・オブ・エクセレンス新豆のご案内

コーヒーのある風景

カップ・オブ・エクセレンス2016 グァテマラ「ベラ・エリザベス」を3月25日(土)より発売いたします。

 

今回御案内するグァテマラ「ベラ・エリザベス農園」は 3世代にわたりコーヒー農園を営んでいる家族経営の農園です。
農園名の「エリザベス」は愛娘の名前をつけるほど家族愛にあふれた農園主でコーヒーに対しても献身的に生産に取り組んでいます。

 

coe.gu102016.coe.gu.4

 

ー農園情報ー

国名: グァテマラ

地域:ウエウエテナンゴ県 サン ペドロ ネクタ市

生産者:エルウィン エレーラ

農園名:ベラ・エリザベス

品種:カトゥーラ, ティピカ,ムンドノーボ,ブルボン

生産処理:水洗式

スイートチョコ・キャラメル・ブラウンシュガーを想わせる甘く深い味わいと赤りんごを想わせるような風味特性です。

是非、ご賞味下さい。