News

2017.6.29

SCAJの実践講座カッピングセミナーに参加してきました!

コーヒーのある風景

先日、SCAJ(日本スペシャルティコーヒー協会)主催の実践講座カッピングセミナーに参加してきました。

image1

 

 

スペシャルティコーヒーの品質に影響を与える、生産処理工程と生産処理方法をカッピングによって比較、検証するというものです。

生産者の協力を得て、生産処理の各工程ごとのサンプルを得ており、そのサンプル量が非常に少ないため、年に1回しか開催できないとの事でした。

 

まず午前中はSCAJ会長の関根さんの講義がありました。収穫時期の生産処理現場の様子を動画などで詳しくご説明頂きました。

image3

 

 

午後からはグループに分かれてカッピングを2セッション行いました。まずは各生産処理工程の検証です。

比重選別で浮いたチェリーや比重の軽いパーチメントのコーヒーの品質をカッピングでチェックします。同じ農園のものなので影響としてしては少ないものの、チェリーの熟度の違いがコーヒーの品質に与える影響について学ぶ事が出来ました。

image3 (2)

 

続いて、同一品種、同一チェリーで生産処理方法のみを変えたサンプルをカッピングで比較しました。こちらは明確に分かりやすく、ブラジルのナチュラル、パルプトナチュラルの違い、ニカラグアのナチュラル、ウォッシュトの違いについて学ぶ事ができました。

 

SCAJのテクニカルスタンダード委員会の方々のフォローのおかげでスムーズにセミナーは進み、質問にも親身にお答え頂きました。どのグループも活気があって積極的に意見が飛び交っていました。

・・・と今回は何だか小難しい内容となってしまいましたが、皆さんもぜひ国ごとや生産処理の違いでコーヒーを楽しんでみて下さい。きっともっとコーヒーの事が好きになれると思いますよ!

 

※ちなみに以下パーチメントコーヒーのサンプルです。色の違いが見てとれます。

(左からナチュラル、パルプトナチュラル、ウォッシュト)

image4image1 (2)image2

2017.6.24

ご自宅で簡単に出来る!美味しい水出しコーヒーのススメ

コーヒーのある風景

梅雨に入りじめじめした気候が続いていますね。

今日は弊社でも大変ご好評を頂いているHARIOのフィルターインボトルを使った水出しコーヒーのご紹介です。

image1

①お好みの豆を約55g、中細挽きにします。

image1

②付属のストレーナーに粉を入れ、ガラスボトルにセットします。

image2 (2)

③水を700ml注ぎ、冷蔵庫に入れ、8時間ほどゆっくり抽出します。

image1 (2)

④ストレーナーを取り出し、軽く攪拌し濃度を均一にします。

image1 (3)

⑤完成です!お好みで豆の量や抽出時間を変えてもお楽しみ頂けます。

 

近頃お客様に「アイスコーヒーは深煎りじゃなきゃだめなの?」といったご意見を頂くことがありますが、浅煎りや中煎りの豆でも粉量を調節する事で、美味しくお召し上がり頂けますよ。

今から真夏の時期まで幅広く使えて、ご自宅で簡単に美味しい水出しコーヒーが楽しめるのでお勧めです!

HARIOフィルターインコーヒーボトル

2017.6.21

2017COEホンジュラスの入賞ロットが届きました!

コーヒーのある風景

続々と中米のCOEオークションが開催されていますね!

 

そんな中、2017ホンジュラス カップオブエクセレンスで入賞した生豆が到着しました。これからさっそくサンプル焙煎し、カッピングしてみたいと思います。

 

IMG_2644

 

ホンジュラスのオークションといえば、昨年、第1位に輝いたエル・プエンテ農園が史上最高落札価格を更新した事が記憶に新しいです。今年も非常に楽しみですね。

 

ホンジュラス「エル・プエンテ」

 

オークションは明日6月22日(木)に開催予定です!