News

2017.4.18

Nicaragua 出張報告。

コーヒーのある風景

ヌエバ セゴビア デピルトのブエノスアイレスとエル ナランホ デピルトに行ってきました。

 

IMG_2067IMG_2065

 

標高1300m~1500mに位置するこちらの農園は、カフェテーラ ブエノスアイレスが管理する8つの農園の2つで、隣接するセクターの為、品質も味も似ています。

 

IMG_1966IMG_2056IMG_2114IMG_2013


栽培品種は、マラカツーラ、マラゴジッペ、レッドカトゥアイ、イエローカトゥアイ、ジャバ、カスティージョ、SL28  最近ゲイシャも始めたそうです。

乾燥処理法は、Fully washed ブラック、レッド、イエロー ハニー、Natural アナエロビック、アエロビック と新しいプロセスに積極的に挑戦しています。

 

IMG_2073


エルナランホ デピルトの品質管理者

 

IMG_2044IMG_2053IMG_2048IMG_2024


 

エルナランホ デピルトのマラカツーラの区画

病虫害を防ぐため、ハエ取り紙みたいなシートをコーヒーツリーの間にいくつも仕掛けてありました。
※モンテシオンでは、ペットボトルにアルコールをいれていました。

オーガニックで作るため、色々苦労があるみたいです。

 

 

IMG_2105IMG_2111IMG_2071IMG_2088

 

エルナランホ デピルトは、水洗処理場からもっとも近くにあり、1日に2回水洗処理場に摘み取ったチェリーを運び込みます。朝6時から摘み取り作業が始まり、11時に一回、夕方にもう一度持ち込みます。

今回のCOEでもブエノスアイレスよりスコアが良い理由の1つかもしれません。

時期外れに来た為、ピッキングや処理作業を見る事は出来ませんでしたが、普段の作業を垣間見る事が出来ました。

 

IMG_1978IMG_1985IMG_1979IMG_2028IMG_2025DSC_0193


今の時期は、乾燥期に入っている為、葉っぱが下に垂れ下がるぐらい水分が少なくなる為、灌漑設備を導入しコーヒーツリーに水やりを行なっていました。