News

2017.2.17

2017年中米産地レポート/ニカラグア偏 Vol.2

コーヒーのある風景

エル・ケッツァールの農園内にある水洗処理場です。

 

DSC_0290DSC_0134

 

収穫されたチェリーを水洗処理槽に入れている風景です。箱に移し1袋にチェリーが何杯分あるか数えながら投入していました。

 

DSC_0140DSC_0145DSC_0146DSC_0147DSC_0155DSC_0157DSC_0163DSC_0171

 

処理層に投入されたチェリーを水の力で水路をたどらせます。

途中、フローター除去を行うため、あえて水路は長めに作ってあります。

※フローター除去とは、葉っぱや枝、過熟を含めた軽いチェリーなどをセパレートする方法。

パルパーでチェリーの皮を剝ぎ、醗酵槽へ流れていきます。

発酵槽には、12時間位つけるそうです。

 

DSC_0174DSC_0226

 

水洗処理で使用し汚れた水はそのまま川へ戻さず、何層もの浄化タンクを通し、カルシウムを加えため池で中和してから川へ戻すそうです。自然環境に配慮する事で持続性のある良質なコーヒーを生産することが出来ます。

http://toacoffee-online.com/shopdetail/000000000326/ct4/page1/recommend/